妊娠中は肌の機能が低下するので日焼けしやすい

公開日時 登録者 subdomain

妊娠してからなぜか紫外線の影響を受けやすくなったという方がいらっしゃいます。実はこの原因は黄体ホルモンの分泌が高まったことによるものです。

黄体ホルモンの分泌が増えるとシミの原因となるメラニンが発生しやすいじょたういになってしまうので、ちょっとした紫外線でも影響を受けやすくなるというわけです。

ただし、まったく紫外線を浴びない方がいいというのは間違いです。紫外線には体内のビタミンD
の生成を促進してくれる働きや骨を丈夫にする働きがあるので、少なくとも一日10分程度は軽く当たっておいた方がいいのです。

毎日日焼け止めは塗っておくこと

妊娠中は肌のバリア機能が低下しているので、夏場でなくても日焼け止めは毎日塗っておくことが後で後悔しないことにつながります。

また、使う日焼け止めはPAやSPFの数値が低いものにした方が、成分による肌への負担を軽くすることにつながります。

飲むタイプの日焼け止めって知ってる?

例えば、オレンジに多く含まれるビタミンCは美白効果があるのは聞いたことがありますよね?それと同じように日焼け止めでもサプリで紫外線のダメージを少なくすることができるものがあるんです。最近では「飲む日焼け止め」と言われるようになってきていますが、その主成分がニュートロックスサンという柑橘類からとれる成分になっています。

詳しくは以下のサイトで紹介しているのでことは日焼けしたくないという方はぜひチェックを!

おすすめの飲む日焼け止めサプリランキング