疲れが取れにくいと感じた時にやってほしいこと

公開日時 登録者 subdomain

寝ても疲れが取れにくいなあと感じてきたならば、体の自律神経のバランスが乱れている可能性があります。

自律神経は交感神経と副交感神経が交互に働くことによって体の健康を保つことができています。交感神経は体を動かしている時に活発に働き、副交感神経は食事中やリラックスしている時に活発に働きます。

寝ても疲れが取れにくい方は、寝ている時に働くはずの副交感神経が上手く働いていないので、起きてもきついといった状態になりがちです。

副交感神経を活性化させる方法

瞑想をする

疲れを取るためにも熟睡できるようにすることが大切です。そのために、眠る前には深いリラックス状態に入っておくのがコツです。

おすすめとしては瞑想を行うことです。瞑想は雑念を考えずに深呼吸を繰りかえるものですが、短時間でリラックス状態に入れるので、副交感神経の働きを活性化できます。

寝る前に明るい光を見ない

寝る前にスマホやパソコンを見ている方は要注意です。明るい光は交感神経の働きを優位にしてしまうので、ぐっすり眠れたと思っても案外疲れが取れないことが起きやすいです。

そのため、寝る1時間前にはスマホやパソコンはなるべく見ないように心がけましょう。

疲れにはにんにくが最適

スタミナがつくにんにくを食べることも疲労対策にはピッタリです。長時間放置しても一向に腐らないにんにくは抗酸化作用に優れているので、さび付いた体をしゃきっとさせるのにおすすめです。ただ、にんにくは体臭として残ってしまうので疲労対策で摂取するなら、サプリの方がいいでしょう。ニオイの原因である成分をある程度緩和しているのでほとんど気になりません。

>>にんにく卵黄の効果